愛と感謝で

明るく、優しく、愛と感謝で生きて行けば、必ず道は広がって行く。様々な体験を通して、感じた事を綴って行きます。

05月 « 2015年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

言葉の行方

2015年 06月28日 00:10 (日)



150324_130903_convert_20150426135047.jpg



ペラペラペラペラ薄っぺらな言葉。



誰も好まない自慢の吐き出し。



責任の無い、軽々しい言葉の約束交わし。



調子合わせの、軽〜い返事。



言葉は災いの元になったり・・・。



愛の言葉は、勇気や元気になったり・・・。



言の葉って言うけれど、言霊とも言うよね。



舞い散ってしまうのも良いけど・・・心に残るのも良いよね。



言葉には、人柄が表れている・・・・心の中味も表れている。



スポンサーサイト

棚上げ

2015年 06月24日 00:08 (水)


IMG00253_convert_20150322145909.jpg



自分以外は、指したり、批判したり、都合や気分で嫌ったりするのに、


自分のことは、高く棚上げ、言い分の山、言い訳、弁解を渦巻かす。


自分の自由は、好き勝手のマイペース・・・人様の自由は気に要らない。


良いのよね・・・それで・・・そのうち・・・必ず。


棚が崩れて、棚上げしたものが天から落ちて来る。


潰されないようにしないと・・・大変。


自分の棚上げ・・・要注意!


(自分を厳しく視ない人、どんどん棚は重くなり、そのうちドサッと落ちてくる)




流れ

2015年 06月20日 00:08 (土)


KO3A0865_convert_20150517171056.jpg


誰の人生の川もその時までは、流れ行く。



周りの景色(出来事模様、人間模様)を、眺めながら・・・直に味わいながら。



思うように流れない時や、何となく清々しない流れの時は、



流れに影響されて、心騒いだり、乱れたりするよりも、



自分を見つめて、反省したり、心を静かにさせて、目の前に心を込めて委ねていると、



不思議です。



流れがスムーズになって来たり、気持ちが晴れてきたり・・。



静かさ、穏やかさは、流れに掛ける魔法かな・・・。



流れは、大いなる愛からのテストでもあるのね。




明るい方に

2015年 06月16日 00:08 (火)


20150307K_convert_20150322145718.png


明るい方に、向こう。



自分の心と行動は、明るい方向へ・・・向上の方向へ。



辛さや、後悔、悲しさ、寂しさに、留まることなく、立ち上がる。



立ち上がるには、感謝の杖をしっかり握って。



自分の心の運転手は、自分自身だから、生き方が証明。



試練は幸せへの扉だから。



試練があるから、成長出来て、挫折があるから、成長出来る。



壁があるから破って行けて、厳しさがあるから向かって行ける。



有り難きこと、得難しこと。



素直に感謝!・・・・試練も挫折も、愛の妙薬。



行動無くして、変化無し・・・〝ありがとうございます〟と、胸を叩いて。



神様は、何時だって、一生懸命さを見ているから・・・。





手入れ

2015年 06月13日 00:10 (土)

(フラワーパーク、バラのアーチ)

KO3A1306_convert_20150517171724.jpg


KO3A1315_convert_20150517171803.jpg



心が投入された手入れには、エネルギーが出ている。



手入れには、華やかさはない・・・けれど、祈りに似た夢がある。



端から見れば、苦労と思えるような事も、大変だろうなと、感じる事も、



静かに刻まれる諸々や、行動の中に、楽しさを感じる。



心を投入した手入れの先には、多くの喜びが待っている。




心の距離

2015年 06月08日 00:10 (月)



150417_132035_convert_20150426135401.jpg



心の距離の一つに、信頼関係がある。



愛しているから信頼し、希望があるから信頼する。



信頼は、お互いの真剣な姿が作り出す。



失敗を潔く認める素直さは、そこからの行動が物語り、絆となる。



素直さは、講釈でも理論でも無い・・・・真の信頼を築く要。



信頼は、愛から生まれる・・・愛に応えて信頼を重ねれば、絆となる。




洗う

2015年 06月04日 00:10 (木)


KO3A1275_convert_20150517171415.jpg




身につけた上着も下着も、洗うよね。


身体も、洗ってサッパリするよね。


さて、肝心の自分自身の内面洗いは?


だって、でも、こうだったから、ああだったから、で、汚れたまま?


理由をつけて、理由に甘え、能書きを考え、言い訳に始終して、汚れを増やし、


投げられたチャンスボールに目もくれず、嫌々嫌と首を振るのね。


あ〜〜〜〜うるさい!って、自分に言うのよ、人では無くて。


内面洗いが、行く道を決め、過去も清める。


内面は自分でしか洗えない・・・誰の手も借りられない。


だから、自分を叱咤しながら、穏やかに、素直に・・・。


蓮の花が、泥の中から見事に咲くように・・・。