愛と感謝で

明るく、優しく、愛と感謝で生きて行けば、必ず道は広がって行く。様々な体験を通して、感じた事を綴って行きます。

07月 « 2014年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

今に生き、今に輝く

2014年 08月31日 00:10 (日)

明日を待つ事は無い。


周りを気にする必要も無い。


何ものと、比較する事も無い。


今の場所で、今に生き、自分の心を輝かせばいい。


悔しさや、悲しさに、囚われて、嘆いているよりも、


わがままな自分に、耐えれずに負けているよりも、


今に、己を輝く方向に向けて、一歩ずつ歩む。


曇りかけたら、大きな呼吸をして、大きな愛を感じ、大きな光を意識して。


自分に掛け声!「頑張れ!」。



スポンサーサイト

内在神

2014年 08月27日 00:10 (水)

誰一人残らず、内在の神が宿っている。


自由意志という責任と、セットで。


自我(エゴ)という様々な騒ぎの奥に、愛に溢れた神我と言う内在神が歴然と存在している。


だから、人を欺いても、己自身は欺けない。


真実を知っている内在神の存在が在るから・・・・。


絶対なる目撃者だから・・・。


人は誰も、その存在に気付き、歩み出す処から、


自己点検、自己コントロールが始まる。


精神の整理整頓が始まる。


安心と、知恵と、勇気と同伴する。


様々な示唆も与えられる。


謙虚さを、友として、


崩れる事のない、永遠の安らぎに向って、


自分と言う小さな殻からの脱出が始まる。





ヒント

2014年 08月23日 00:10 (土)

ヒントは、ふとした時に、与えられる。


生きるヒント、乗り越えるヒント、様々に散りばめられている。


どんな所に転がっているのか、隠れているのか判らないから不思議。


神様の贈り物は、見つけた人のもの・・・・気付いた人のもの。


一生懸命の中だったり・・・無心の中だったり・・・淡々の中だったり・・・。


試行錯誤の中だったり、工夫の中だったり、誰かの為を思っていたり・・・。


又は、こだわりから離れた時に、放した時に、見つかったりして・・・・。


ヒントは、新しい扉。


扉を開けるのは、行動。






未熟

2014年 08月19日 00:10 (火)


自分を知れば知るほど、未熟さに気づいて行く。


何かにつけて、心の世界に騒ぎがあれば、乱れが在れば、困惑が在れば、


いらつきがあれば、落ち込む沈みがあれば、文句があれば、


それは未熟さを示しているから・・・認める・・・・新しい発見の扉の前。


素直に未熟さを認めた時は、ある種の解放を味わえる。


静かな感謝に包まれ・・・謙虚になれる。


未熟だからこそ、前に進めてぶつかって行ける・・・・喜びと共に。





育てられ

2014年 08月15日 00:10 (金)

IMG_0599_convert_20140615192421.jpg



様々な場面で、育てられている私達。


出来事の中で、対人関係の中で、


失敗の中で、後悔の中で、怒涛の中で、


悲しみの中で、挫折の中で、苦しみの中で、孤独の中で、


最も大切な、内面の奥に実存する安らぎの中で、


育てられ、癒やされ、覚悟が刻まれる。


大きな前進への・・・・カルマからの脱却への道。


だから・・・・・・感謝・・・・・大感謝に包んでしまう。


文句なんて言ってられない、暇も無い。


強く、たくましく育って行く・・・・大いなる愛を信じて・・・・。


その気一つ・・・・・意識一つ。




愛されて、生かされて

2014年 08月11日 00:10 (月)


愛されて、生かされているから、存在がある。


自分という存在を、愛に向かって、愛に応えて生きて行く。


目立つ為に、四苦八苦しなくても、イライラしなくても、


目の前に与えられた愛からの課題を、こなしていけばいい。


いつまでも、日向ばかりじゃないし、日陰ばかりでもない。


誠実に勝る術は無い・・・・最も強い味方でもある。


どんな時も種まきであり・・・・そして、収獲は待っている。


喜びの収獲も、悲しみの収獲も、自分次第。


素直だったら、愛に包まれている事を、導かれている事を、感じる。





中心に生きる

2014年 08月07日 00:10 (木)

太陽_convert_20140615192838



自分自身の中心に置くものによって、方向は違う。


当てにはならないもの、変化するものを置いておくと、グラグラ迷う。


身勝手な中には、安心は無い・・・・・無責任の中にも安心は無い。


まして、誰かの所為とか、何かの所為とかは、不安の蓄積。


天の目撃は、杖にもなるし、救いにもなる。


どんな困難な道でも、立ち上がっていける・・・・生きる勇気も。


神性を宿す人間に与えられている、中心の支え。


誠実に一生懸命・・・・素直に一生懸命。


怒涛の中でも、静かに進める。


怒涛の中だからこそ、静かに進める。





解放

2014年 08月03日 00:10 (日)

(高~い空)
IMG_1867_convert_20140615192525.jpg



流れている時間は,みんな同じ。


吸っている空気も、みんな同じもの。


与えられている課題は、それぞれ・・・生き方もそれぞれ。


行き先は、歩みの方向だけど・・・・、


魂が望む愛の故郷に帰りたいね。


重い荷物を感謝で降ろして。


感謝の杖で、歩みたいね。