愛と感謝で

明るく、優しく、愛と感謝で生きて行けば、必ず道は広がって行く。様々な体験を通して、感じた事を綴って行きます。

06月 « 2012年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

心の持ち方一つ

2012年 07月31日 00:10 (火)

何かにつまづいたかのような時、

何かが異なった回転になっているのかな?と思うような時は、

いつまでも、そこにいないで、

思い切って、

自分の心のチャンネルを、感謝に合わせる。

そして動く・・・集中して一生懸命・・・・目の前の何かに。

集中だから・・・心を軽く・・・身体も軽い・・・。


何でもいい・・・目の前のことに感謝して・・・。

そのうち・・・マイナスの感覚が消えている。

不思議ですね・・・心の持ち方と行動は。




スポンサーサイト

学び

2012年 07月30日 00:10 (月)

心が張り裂けそうになっても・・・、

どうしようもない、いたたまれない気持ちになっても・・・、

虚しさに襲われても・・・、

やっぱりそこからが、立ち上がる出発点。

そう・・・味わって学ぶ。

学びでしかない。

何で? ・・・・どうして?・・・じゃなく、

必要だった学びがある。

学びを頂いたと思えば・・・感謝に変わる・・・時と共に深い感謝に。

その痛みも・・苦しみも・・時と言う風が消してくれる・・たとえどんな事でも。

時は、神なり。

許して・・許されて・・・愛して・・・愛されて・・・痛めて・・・痛められ・・、

やがては・・・苦しみから解放されて行く・・・解放して行く。

最初から何も無かった・・・・学びが在っただけ・・・約束の・・。

早く・・・解放されたければ・・・しっかり学んで・・・・。

「ありがとう!!」それだけが残る。







心の空

2012年 07月29日 00:10 (日)

大きな喜びではなくても、

小さな事の中から、喜び見っけ。

ありがとう探し。

感謝は喜びだから・・・・、

見つけた分だけ、自分のもの。

嫌だな~・・とか、苦手だな~って思うより、

自分の為に頂いた現場・・・感謝の気持ちでやってみよう・・・と、

その想いで、進んでみればやっぱり心が晴れてくる。

曇りにも・・・晴れにも出来る・・・心の空。

誰と比べなくたって・・・何と比べなくたって・・・、

喜び見っけ・・・は、最高の癒し・・・。






緩やか

2012年 07月27日 00:10 (金)

やっぱり心は、緩やかがいい・・・。

穏やかに似ているけど・・・緩やか・・・。

心に余裕が有るって事でしょうか。


気持ちが楽ちん・・と、同じようなもの。
(美味しいものを食べる時は・・・緩やかな服装を!)

許さない!ナンテ、怒っているより・・「お幸せにネ」と、

怒りを解除したほうが・・・・よっぽど緩やか。


緩やかさは、気付くことも多い・・・忘れ物も少ない・・・。

のんびりムードのようだけど・・・余裕があるから受け入れ範囲も広い。

キチキチよりいいですね・・・・トゲトゲよりいいですね・・・ゆるやかの方が。



心がゆるやかでは引き締まらないと思いがちですが、緊張がないほうが行動も早い場合も。

次々に気付いて、次々に動けて、次々に片付く。

雑念が無いから?・・・・集中できるから?

緩やかなカーブは、曲がりやすいし・・・危険も少ない。

ゆるやか・・・落ち着き・・・支障が少ない。

味わいにより、調節可能になって行く。





トーン

2012年 07月26日 00:10 (木)

電話の声のトーンで、何かあったな?

そんな感じで聞き始めると・・・なるほど!・・・なるほど!・・この事ね。

静かに聞きながら・・・相槌を打ちながら・・・同調、同情も加えて。

そして時折、ガツンと言ったり・・・して。

「もう何日も、悩みきって・・・気が悪くって・・・・・」

「そんな時は、いつでもどうぞ!」・・・って感じで、さわやかに・・・。

冗談も交えて・・・相手から笑い声が出てきたら・・・聞き役成功!

相手の声のトーンが大きく変化をしてきた頃・・・私への用事の呼び出し。

「用事が入ったから、又ね・・・」・・・・・「ウン! ありがとう!」・・・。

トーンは相手の、心のメッセージ・・・顔が見えなくても良く判る。

キャーキャー・・・・ギャーギャー・・・は苦手だけど・・・、

爽やかっていいですね・・・。



高める

2012年 07月25日 00:10 (水)

自分自身を高めたければ、自分自身の邪なるものは捨て去ればいい。

邪なるもの・・・己で作ったマイナスの癖、カルマ・・・業・・・。

邪魔にしかならないから・・・・。


言い訳や、自己保存、理屈、屁理屈、邪魔にしかならないカルマと言う名の障害物。

自分の良い所を誇示するのなら・・・邪なるものも認めて・・捨てる。


邪なるものが必要ならば、重かろうが自分の荷物である事を理解して、

重さを感じながら、同伴する。

重さがいやなら、捨てるだけ・・・。

自分自身を味わうのは、自分自身の他ならないから。

自分の内側の、減量も大切。






自分の世界

2012年 07月24日 00:10 (火)

人は、自分の関わりのある対人とか、出来事、環境の中に住んでいる様で、

実は自分の意識する世界に住んでいる。

表面には見せなくても、自分の内側では、

何かにつかまってクヨクヨしたり、腹立ったり、沈んだり・・・。


同じ食事をしていても・・・同じ車に乗っていても・・・意識はバラバラの世界。

自分の意識した世界の中で、一人芝居をしている。

誰がどうとか、こうとか、裁判官をして見たり、自分は正しいと自分に思い込ませたり、

自分の意識を、自分で味わっている。


無限の愛の方向にも、固まった囲いの方向にも向かう事ができる。


自分の解放も執着も、意識した方向で違う。

大いなる愛は、愛のままなのに。

感じなければ、エゴの籠の中。




救い

2012年 07月23日 00:10 (月)

生かされ生きる未知と言う道の中。

不幸的に感じる事を、

何かの所為にした処で・・・誰かの所為にした処で、

解決は、一つもない。

みんな、自分の味わいを学ぶ道だから。

嫌だったら止めればいいし・・・、気付いたのなら、気付いたらしくあればいい。

自分の変革や、改革は、自分自身でやるしかないし、

そのままでよければ・・・大いにいい事・・・自分の責任。

一つ変えれば、百個にも千個にもつながって行く。

プラスに・・・プラスに・・・少しでも高めて・・・。

良心はしっかり我が内で見守り、叱咤する。

自らを救う者は救われる・・・

自分を戒め、清めなければ・・・救いは遠い。




内側の点検

2012年 07月22日 00:10 (日)

自分自身の内側の点検。

外側の点検は、鏡があればサッサとできるけど、

内側の点検は、実践の繰り返しの中・・・そして探求の中で。

自分自身の内側で、何が起こっているのか?

どのような状態になっているのか?

何を、とっつかまえ、悶々と、イラつき、清々していないのか?

等々・・・・・眺めていると、整理されてくる。


先ずは自分を静かに見つめる・・・追求する。

必ず、自分自身の間違いが見つかったり・・・意識の方向が見えたり。

どのような解決策も、先ずは自分自身に問わないと・・・。

感情の領域を超えて・・・深いところに潜って行くと、

自分自身の不要なものが、鮮明に見えて来る。

行動にしても、言葉にしても、意識の方向にしても、

内側の世界が、外側に出ているだけ。

自分をしっかり把握していないと、不安定。

自分自身を見つめる力が、前に向かえる。

外側の所為はない。






自分のままに

2012年 07月21日 00:10 (土)

自分のままにと、よく聞く言葉。

我儘のまま?・・・・信念のまま?・・・。

利便のまま?・・・己が立場や、権力のまま?・・・。

甘えのまま?・・・責任逃れ、押し付けごっこのまま?・・・。


信じた道を生きる中で、誰もが自分自身に問う。

「これでいいのか?」・・・「このままでいいのか?」・・と。

表面の移り変わる世界に翻弄され、自分自身の心が乱れ・・騒ぐ・・・。

繰り返している時代は終わったかのような・・・変動の時代。

「このままでいいのだ」・・・「そのうち火が消えて、静まるまで待とう」なんて・・・。

そんな時代は終りみたい・・。

すべては、打ち壊し、建て直しの時を迎えているような・・・。

膿みは出され、搾られとことんの根っ子を絶たれなければ・・・。


命与えし神様は、決して人に不幸は与えはしない。

真剣に考え生きる課題は与えるけれど・・・。