愛と感謝で

明るく、優しく、愛と感謝で生きて行けば、必ず道は広がって行く。様々な体験を通して、感じた事を綴って行きます。

04月 « 2012年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

自分だけの味わい

2012年 05月30日 00:10 (水)

人とのふれあいの中には、

虚しさや、悲しみに似たものを感じる時がある。

それを持ち帰ってきた時、周りはテレビを見て笑っている。

笑い声は出せないけど・・・その場面に付き合って笑ってみせる。


ここで、私の心の内を見せた所で、話した所で意味なんて無い。

そうだよな~・・・・、

隣で歯痛でたまらなく苦しんでいても、鎮痛剤を探すくらいしか出来ない。

私に痛みが乗り移って、痛みの分けっこが出来ればいいけど・・・出来ない。


心の味わいもおなじ・・・同調はあっても・・・消えはしない。

自分だけの味わいは、自分でしか消化できない。

「これも、いい勉強!」・・・「そうだ!いい勉強だ!」・・「ありがたい!」

噛み締めているうちに・・・消化する。

そして、何処かの栄養に回ってくれる。

やっぱり、味わいはありがたし・・・。






スポンサーサイト

自分の言葉を自分で聞く

2012年 05月28日 00:10 (月)

興奮していたり・・・、

腹が立ってどうしようもなかったり・・・文句満載の時は、

人様に話している内容を自分で聞く事なんて出来ない。

それどころか何を言ったのかも覚えてなんて居ない。

「そんな事まで言って無いよ!」なんて記憶喪失も・・・。

自分の言葉や、話を自分でも聞ける時は、落ち着いているし、穏やかな証拠。

どんなに冗談を言っていても、厳しい言葉を言っていても、

心の中は、静かで・・・穏やかな時が多い。

だから後悔も・・・失敗も・・・余りない。

想念もおなじ・・・。

自分はどんな思いを持っているのか・・・どんな受け取りをしているのか・・、

見つめる事ができたら・・・自分自身を修正も出来れば・・・リセットも。

大切だな~と、思う。






条件

2012年 05月27日 00:10 (日)

環境や、境遇の悪さを、嘆く人がいるけど・・・・、

嘆くなんて、勿体無い!

嘆くより、大らかに羽ばたいて行くチャンス台。

どんな事も、自分への課題だと受け、

環境や境遇に心奪われたり、とらわれるのではなくて、

とらわれ、嘆き、他と比較するその気持ちをサッパリ捨て去り、

其処から、その中から、明るく一生懸命、今、目の前に生きる。


この今に・・・この命に・・・この環境に・・・、

感謝を注ぎ・・・感謝を力とし・・・生きる。


その道のりで、

嘆いていた環境や、境遇が、如何に素晴らしい羽ばたき台だったか、

何てありがたい・・・ありえない・・・条件だったかを、

魂の底から感じる。


どんな条件も、自分への課題だとしたら、意味が早く飲み込める。

弱さ・・・ひねくれ・・ねじれ・・文句・・抵抗・・決め付け・・等々イッパイ。

それらのクリアー課題だと知ったら、後は自分のお掃除だけ・・。

そして、卒業も早い。

人様が余り味わっていない事柄だったら、なお更喜んで、

その分、でっかく、大らかに、行ってしまえ!って、感じで・・・。






愛の鬼嫁

2012年 05月26日 00:10 (土)

忘れた頃にやってくる、〇さん。

地元では名の知れた企業にお勤めで、出世コースを淡々と・・・。

いつも明るくて・・・ちょっと厳しい言葉を言っても、

「イヤ~そんなこと無いですよ~」と、いやな顔はしない。

「この人は、悩みなんて無いのかしら?人間関係が厳しいと有名な職場なのに、
 部下も抱えて・・・大変ではないのかしら?」と、思っていたので、

「そうそう・・〇さんは人間関係で悩みは無いの?秘訣って有るの?」と、聞いたら、

おいしそうに、お茶を飲みながら・・・、


「あぁ~自分ですか?・・・誰の不機嫌も、偉ぶりも、お天気も、女房と比べれば、
みんないい人に見えちゃって・・・気にならないですね~」と・・・。

アハハハハハ~って・・・笑いが先に出てしまった。

「いいわね~奥さんのお陰ね!」

「確かに・・確かに・・凄いですからね・・」と、〇さん。

な~るほど・・・奥様の姿がこの人を強くしてらっしゃる。

だからお仕事も、一生懸命で、いつも明るく生きているんだな~・・と。

切り替えの早さ・・・感受性も強い・・・優しさ・・・思いやり・・。

笑顔の裏に隠された・・・何か!


一度会ってみたいな・・・奥様に。






自分以外の所為

2012年 05月25日 00:10 (金)

何だって・・・・、自分の味わいに、外側の所為は無い。

たとえ、どんな理不尽な目に遭わされようが、悔しい思いをしようが、

嫌な思いをしようが・・・・悲しい思いをしようが、

そこにあるのは、自分への学び・・・自分への踏まえ。

自分以外の所為にするのは、最も早い逃げ道にもなり、理由もある意味成り立つ。

所為にする事で、原因転嫁をする事で、腹立ちも修まるかも知れない・・・。

・・・けれど・・・それ以上でも、以下でもない・・そこ止まり。

自分の心を汚す、恨みや憎しみにもなってしまう。


自分自身の学びに頂いて行くと・・・・お腹にドン!!と落ちる。

その、ドン!!は、あらゆる事にもつながって、心の柱が太くもなる。

その遭遇の意味・・・自分自身への教訓の意味・・・未熟だった部分・・・。

探せば次々に気付いてくる。


自分自身にとって、必要な事ばかりが山積み・・・だからありがたい。

謙虚に頂いて・・・お腹にドン!!と修めて・・・明るく進む。

人の所為は無い・・何の所為も無い・・・学びがあるだけ。

学びに感謝!・・・・「ヨッシャー」で前に・・・。




一周年

2012年 05月23日 00:10 (水)

昨年5月後半から始めさせて頂いた、ブログも早一周年です。

親戚が震災に遭った事もあって、誰かの勇気付けや、元気付けのかけらにもなればと、

勿論!自分自身の学びも頂きたくて・・・。

いつまで続くのか?なんては、全く考えずに・・・やれるところまで・・と言う感じでした。


皆様の、優しさでお読みいただき、感謝です。

只、只、感謝の一言です。本当にありがとうございます。


辛口友人から「人気無いね~」なんて言われたり、「なかなかだね!」と言われたり・・。

お義母さんの介護から、看護になっても、一つの心の置き場所でもありました。

慌しい中だからこそ・・私にとっての私だけの時間作りでもありました。

お義母さんも、安らかに見送らせていただいて・・・本当に幸せでした。


毎日の更新が一つの目標でもありました・・・無理なくの・・・。

これからも、心のままに・・・感謝のままに・・・。

無理なく・・・穏やかに・・・。

そんな気持ちです・・・どうぞこれからも、よろしくお願いします。

感謝を込めて・・・・ご挨拶です。

                           マコ





邪気飛ばし

2012年 05月22日 00:10 (火)

あれこれ掴んでの、文句や愚痴は、

あぁ~~めんどくさい・・・って感じですね。

聞いてるほうも、面倒くさい。

スッキリするのなら、何処までもOKだけど・・・、

文句で自分自身が爽やかならば、OKだけど・・・、

ごめんだね・・・つまらないゴミは、空気中のゴミ箱へポイ!っとね。

爽やかな人と一緒だと心が晴れて・・・前向きになれて・・・、

グチグチしている人と一緒だと、何処か気分が重くなって、眠くなる。

大声で「ファイト一発!!」って、叫びたくなる。

そうですよね・・・自分に渇!!って大切ですよね。

活を入れて自分で自分のお払いをする・・・息を吐き・・・邪を飛ばす。

お掃除は一番の邪気飛ばし・・・身も心も空気もスカッとする。

いつまでも同じ自分と・・・さようなら・・・。







無限

2012年 05月21日 00:10 (月)

無限なる安らぎの世界は、我が内なる世界に。

目を閉じて・・・静かに・・・無限なる平安に座る。

そこは何も無く、平安のみの世界・・・。

「我、平安なり・・」と、意識する。

呼吸を静かに意識する。

雑念が・・・様々と・・・あれこれと・・・入ってくる。

構わずに・・・平安・・・無限なる平安を意識する。

紛れも無く、大平安の世界がそこにある。

平安を邪魔するものは、自分自身の中にあり・・・外にはない。

必要ですよね・・・そんな、ひととき。






幸せな気付き

2012年 05月20日 00:10 (日)

死を彷徨うほどの大きな手術をした方が、退院してから何ヶ月ぶりかでいらした。

これで大きな手術は、二回目だった。

一度目は、危篤と言う事で午前3時に病院に駆けつけた。

若い時から、お洒落にかけて・・・自分が女王様のような方だった。

勿論!人様からの注意なんて、何処吹く風のように・・・ケセラセラで。

(こんな生き方で、大丈夫なのかな?)と、心配も・・・。

その方が・・・、
「私、今回の手術が終わってから考えました・・・、
 本当は危機一髪だった前回の手術では終わらなくて、今回の手術になった事を。
 それは、命の意味を余りにも軽く捉え、助かった事への感謝もすぐ忘れ、
 もう一度しっかり考えよ!だったのですよ!」・・・と。

「病室の方々との遭遇も、自分を見ているような方ばかり・・・わがままイッパイの方。
 これなんだな~と、胸が痛くなるほど教えられましたよ!」・・・と。

私は、お話を聞いた後、

 「病気は、決して不幸では無かったのね~、
  感じたもの、気付いたものが大きくて、幸せでしたね」と。

やせ細った身体と、話の内容は、昔を嘘にしてしまうほどの変わり様でした。

同居している息子さんは、鬱病ですが、、「私が明るく過ごさないと」と。

帰り際「今は感謝とお詫びの日々です」と笑顔で言った顔が輝いて見えて、

「頑張って下さいね・・また遊びに来て下さいね」と、見送りました。

災いのように感じた事も、大きな幸せへのきっかけだと受け取って、

前に向う力にしていくのだな~と、改めて感じました。






感謝で生きれば。

2012年 05月19日 00:10 (土)

以前も、似たような事を書いたと思いますが、

どんな時も、どんな出来事を味わっても、

学びを撰べば、必ず必要な事が見つかる。

そして感謝に繋がる・・・。

自分のエゴを撰べば、どうでもいい事に騒いでしまう。


何かの感謝を見出して、しっかり歩いていれば、

お先真っ暗に見えても、方法はないと感じても、

四方八方塞がったような感覚になりそうでも、

天は開いてる・・・開いてた・・・を、味わえる。

御先祖様にも、宇宙を司る大いなる神様にも、

感謝を伝える。

知人がご先祖様にお願い事ばかりしていたら、夢で「死んだ後まで頼み事か!」と、

一喝されたと、話していました・・・・笑い話ではないかもしれないなって・・・。

お願い事をするよりも、

先ず、自分がどう生きるかが一番の事だから・・・。

素直に・・・真剣に・・・感謝を持って。

今と言う時を・・・・大切に。