愛と感謝で

明るく、優しく、愛と感謝で生きて行けば、必ず道は広がって行く。様々な体験を通して、感じた事を綴って行きます。

08月 « 2011年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

ある日突然

2011年 09月30日 00:08 (金)

突然のように、それは見えるかもしれない・・・周りからは・・・。

そんな事は一つもないと、思う。

やっぱり、その様に生きて来ている事が・・・その方向に努めた事が、

しっかりと、思った岸に船を着けている。

突然・・・は・・・無い・・・・兆候も、警告も、警鐘もあったはず・・・。

心に染み渡る、並大抵ではない忍耐もたたみ込んで来ているはず。

それが実となり、花となり・・・・・。

又反対の、実もあり、花と呼べない花もある。

美味しい実ではなかったのならば、種を、苗木を変えればいい事。

美味しかったら、益々品種改良をして、よりよく進めばいいだけの事。

「そんな簡単にいく訳ないよ!」・・・・って?

簡単じゃないから、いいんでしょ!

簡単だったら、つまらないでしょ!

命があれば、進んでいける・・・・一年三年五年十年は、あっという間・・・・。

面白いパズルの中で・・・・何が「機」となるか判りはしない。

心の中から、魂の底から、強い意志で、明るく向う。

それだけ・・・・。





スポンサーサイト

逆らわない

2011年 09月29日 00:08 (木)

過去、「なまけ者の悟り方」と言う本の中に、「逆らわない」と書いてあった。

逆らわない・・・・・言うなりって事か?

          抵抗しないって事か?

          自分の心に逆らわない・・・・。

最近・・・・人にも周りにも説得や、抵抗が妙に面倒になって来た。

          いいんじゃない?
          そうかもね~
          その考えもあるかもね~・・・等々・・・・。

判って欲しい・・・・理解して欲しい・・・・貴方の為に・・・・・。

そのままの生き方だと、大変になってしまう・・・・それは止めた方が、等々を伝えてたけど。

それが数年前から徐々に、とっても面倒で、自分がうるさくて、厄介になって来て・・・・。

人に疲れたのか・・人は自由だと納得したのか・・・・刻み、たたみすぎたのか・・・・。

少語がいい・・・・少語・・・・スッキリ爽やか・・・・少語と笑顔で!になって来た。

逆らわない・・・・・今は納得!!

勿論必要な事は、少語だけでは伝わらない時は、きちんと・・・でも、なるべく少語。

たくさんの説明なんて、何も必要ではなかったなって・・・。

人間が集中して聴ける時間は、100秒ですって・・・・・。

そうか・・・・・正解かも!!・・・・・。

それが、今の私の自分の心に逆らわない!事。

判る人は、100秒も要らないって感じですね。  ハートの問題かな?

ただし・・・・心が通うというか、価値観が通じる人とは・・・くったくなく話せる。



    

面白い

2011年 09月28日 00:08 (水)

面白い事発見!!

「私って、馬鹿なのよ!」

「本当に馬鹿で困るわ!」と・・・・二言目には自分を馬鹿と、いつもの口癖の〇さん。

私のところにちょくちょく顔を出す、心のイケメン君(素直で、体育系でサッパリ型)

この青年・・・誰の話も黙って聞いていて・・・スパッと一言を言う。

「そうなんですか?馬鹿なんですか?」・・・・〇さんのギロっとした目。

いつも私は「そんな事ないわよ!」で終わるのに・・・・・。

昨日も、他の方が「私センスがなくって・・・」を何度も・・(とてもお洒落な人なのに)

「そんな事ないわよ!センスがいいなっていつも感心してるのよ」と言っていたら、

横から「センスがなくても、うちわはあるでしょ?」・・・やっぱり・・ギロ!ってされていた。

帰った後で、「あんな時は、そんな事ないですよ!と、言って上げれば?」と言ったら、

「そうですけど、何度も言われると一言言ってやりたくなって・・・でもアレですね?
 本人が言っているからその言葉を返すと怒るって事は、反対の言葉を求めてるって事ですかね」

「それとも、本人は思ってない事を言っているのかな~」・・・・・・・・。

そう言えば・・・・・そうかも知れない・・・・・・なるほどね・・・・・・面白い!

「俺って、面倒なんですよ!裏を探って応えるのは」・・・・(それもいいかな?)と。

事実思っているとか、謙虚と違って、思っていない事を言うのは、?かも知れませんね。

口癖も、気をつけないと・・・・・。

でも、二人とも、この青年が大好きなんです。

「太ってしまってみっともないわ、そう思わない?」に対し「自分が思うほど人は、見ていませんよ!」

「昔はこうだったのに・・・ああだったのに・・」に対し「同じだったらお化けですよ!」

と、言われても・・・・・・(笑)





人によって

2011年 09月27日 00:08 (火)

あの人に言われたから嫌!!

この人の口調が嫌!!  しゃらくさい!!・・・ナンテ・・・。

どっちもどっちの感じです。

内容を受け取れば・・・「大丈夫なの?」なら・・「ありがとうございます気を付けます」で、

「こう言われていますから、注意して下さい」・・・ならば、「はい!そうですね」で、

流せる事も、嫌々嫌で自分を汚し、怒感情先行・・・何たるコッチャ!!

威張り屋同士はそんなものです・・・・精神レベルが判ってしまう・・・・。

いい年をして、大切な場所で・・・・一体何を得たいというの?

どちらが、先に卒業するの?・・・・相手変われど、主、変わらずの繰り返し。

あの人の言い方が嫌!!あの人の性格が嫌!!どこかの山奥で一人暮らしがピッタリね。

自分の性格知ってるの?  貴方のご機嫌に合う世界なんて何処にもないわ・・・。

内容を取れないのなら、偉そうな事なんて言えないね・・・。

結局、自分を認めてよ!なの?

誰も認めはしませんよ!!  はい!!認めます・・・我儘って事だけは・・・。

嫌々嫌病の治療は、嫌々同士の中にある。

感謝も、謙虚もないならば、離れ小島に行く事ね・・・・・・。

注意が嫌なら、言われないように、精進するか・・・去り行く事も名案ね。

注意するのは、もう飽きちゃった。






ちょっとした

2011年 09月26日 00:08 (月)

ちょっとした一言が、

暗く心の中にずうっと残ってしまったり、

又、反対に、明るく心の中で勇気になっていたり・・・。

その奥に入って行くと、どちらも自分にとって必要だったと思えて来たり・・・。

暗く残っていた言葉は、自分を見つめたり、認めたり、新しい区切りや学びになり、

明るく残った言葉は、更に前に向かって行く力になる。

どちらも、愛だと受け取ればいいんですね。

形の違った愛だと取れば、どうって事ないですね・・・・。

暗くなる言葉は、周りに対して、自分が選ばなければいい事で・・・。

明るく残る言葉は、周りに自分が使えばいい事で・・・・。

暗さを明るさに自分が転換するだけでいい。

誰も、真実の愛の探求者なんだから・・・その為のこの世の旅人だから。

愛の意味をより多く、より高く、より深く、受け取って行く為に。

それぞれの意識の世界の絡み合いのこの世の旅だから・・・・・。





自分を見る

2011年 09月25日 00:08 (日)

自分を視る・・・・・慣れないと、大変な作業と思いますよね・・・・。

自分を視る事は、何よりも大変な事かもしれない。

嫌になってしまうし・・・面倒だし・・・投げ出したいし・・・。

自分は正しいと思いたいし・・・間違っていないと思いたいし・・・・。

だけど・・・・・・・・。

外側を追いかけたり、外側に騒ぐよりも、よっぽどすがしい時もある。

人は騙せても、自分自身は騙せないのは何故だろう?

それは自分自身が自分を一番知っているから・・・。

反省病って聞いた事があるけど・・・反省ばかりでは、意味なんてないと思う。

それより、悪いなって思ったら即、修正していけばいいのであって・・・・。

思わなければそのまま続行でいいし・・・人は自由ですもの・・・勝手ですから。

「喧嘩は俺に任せとけ!」ナンテ言ってた(確かに強い)人が、今では面倒くさくてヤッテラレナイと。

「いつか喧嘩の後、治療しながら俺に言ってくれたよね・・・相手と同じだねってさぁ」
(そう言ったのかも知れないけど・・・相手はしっかり覚えていた)

自分の何かを卒業する為に・・・新しい自分に出会って行く為に・・・・自分を眺める・・点検する。

人の言葉が残っていたら、かみ締めてみたり、認めてみたり・・・・。

嫌なものを、いつまで持っていたって仕方ないばかりか重荷に過ぎない。

自分自身を知って置く事は、大事な事だと思う。

自分自身の中味の卒業も、大切な事だと思う。

自分を知る者は強いと言われますが・・・確かに・・・折れにくくなる。

自惚れと自信は違うし・・・・・。

人や何かの所為は一つもないならば。

自分を見つめる事が心を楽にする事かも知れない。

決して、屁理屈なんかでなくって・・・・素直に生きて行く為に・・・・。

大いなる愛に愛されて、生かされている感謝を示す為に・・・・。

自分自身の本当の生きがいを見つける為にも・・・・。






四十九日法要

2011年 09月24日 00:08 (土)

先日、静かにおばあちゃんの四十九日法要を済ませる事が出来ました。

雨の天気予報も外れて下さって、快晴の一日でした。

今日で、霊界に帰られるという事で、親族一同集まりました。

朝一番にお墓のお掃除に行き、お花を飾り準備して置きました。

法要の読経中、風が気持ちよく、眠くなってしまいそうで、困ってしまいました。

笑顔で手を振って、旅立ったような感じがずうっとしていました。

休憩中から、

遠縁の叔父さんが、自分の自慢話に力が入り、年長者のおばさんに「今日は何の日?」と・・。

その時は、一旦おとなしくなったけど、

法要の後の、会席の席でマタマタお酒の力も加わって、叔父さん頑張りだして・・・。

若い娘達が聞き役だったからか、

「別荘にいらっしゃい!」とか、「「今度クルーザーに乗せてあげるから・・・」とか次々に。

待ち合わせのお店にお寺からは一番先に出たのに、最後に着いて「どうしたの?」と聞いたら、

「実は叔父さん、自宅に寄れと言うので寄ったら、自宅で自慢のアコーデオンを弾いて、
 叔父さん!みんな車の中で待っているから、又ゆっくり・・と言う事で、
 一曲だけにしてもらって・・・」と言う事でした(何処までもワンマンで笑ってしまう)

「上手だった?」と聞いたら、「抜群だった」と・・・・(ホラではないようで・・)

「話半分で聞いておいた方がいいわよ」・・・、

「俺なんか30年前から誘われているけど、一度も実現無し!」・・それぞれの声(笑)

「そんなに気を使わなくていいから」と言っていながら、
「あれを用意してくれ・・・あの酒の方ががいいな!」・・・。

気くばりなんて、何処吹く風・・・・人の話も右から左・・・。

二時間半はあっという間に流れて、各家族ごとにお送りしてお役目終了しました。

「ここまで気を使ってくれて、申し訳なかったね、ありかとうね・・・」

とってもうるさいと言われている年長の叔母さんから、帰りに嬉しい言葉・・・。

「おばあちゃんのお陰だね!」って、心の中で思いました。

これからは、思い出と共に歩いていきます。

おばあちゃんが、笑っている大きく引き伸ばした写真は、
おばあちゃんが時々座っていた、籐の椅子に飾る事にしました。
何だかそこに座っているようです・・・・。

「おはよう♪」・・・「お休み♪」・・「は~い!」その時々の挨拶です。

今までのように、笑顔と手を振って・・・。





チャンス

2011年 09月23日 00:08 (金)

全ての出来事も出会いも偶然はなく必然ならば・・・不思議だらけ・・。

それは、何かのチャンスにつながっている事であって。

世界が広がって行くと言う事であって・・・。

そこから・・・・自分自身の・・・・プラス転換になっていけるなら。

必ず・・・プラス転換に・・・していけば・・・プラスに流れる。

言い換えれば、マイナスなんて、プラスに変えるチャンスであって・・・。

只・・・マイナス思考を、プラス思考にチャンネルを変えるだけ・・・・。

チャンスは、チャンネル換え、変え、替え・・・・。

「そうは言うけど・・・・なかなかね~」・・・。

「頭では充分わかるけど、気持ちがね~」・・・。

「苦しいんだよ!判るかね~」・・・。

なかなかね~気持ちがね~、判るかね~で、明け暮れて、チャンスは向こうに行っちゃって・・。

タイミング・・・・チャンス・・・・すぐに行動しなくても、

心にしっかりとめれば・・・意識にしっかり入れれば・・・・それだけでチャンネル変え。

様々に新しい景色が見えてきて、感覚も違ってきて、うなづきもたくさん出来て。

トンネルから出れるような、出たような気持ちになってくる。

もう駄目だ!なんて思っていた自分が、何たるこっちゃ!になって来たり、

「もう駄目だ~ナンテ、甘ちょろいぞ!」と昔どやしてくれた今は亡き人がいた。
(今、鮮明に思い出しました)

甘えや、怠けや、こだわりに縛られて、勝手に縛っていただけだったと気付いたり、

何だか世界が変わってきたり・・・・見方、感じ方まで、違って来たり・・・。

いいよね~・・・自分の気持ち次第なんて・・・・いいよね~・・・・。

当たり前だよね?方向転換すれば、景色だって違う事。

ひっくり返し・・・どんでん返し・・・生まれ変わる・・・なんていいよね~。

その代わり・・・努力を楽しんで・・・試練も楽しんで・・・・ですね!。

楽しい事なら、誰だって、いつだって、真剣だから・・・・。

何でも動き出してみる事だな!って、いつも思う。

動き出すと、エネルギーは付いて来るように感じる。

だって、犬だって歩けば棒に当たるんだもの、何かに当たればいい事で・・・・。

それが、どんな結果であろうと前には進む。

チャンスは、あちこちに散らばっている。

たとえ、苦しいことも「これも頂き!!」って、感じで行こうかね・・・・。

誰かが言ってた・・・「気付きは神様からのプレゼント・・そこからの行動は自分自身」と。

確かにそうかも知れない・・・・素直な時って、気付きも多いから・・・・。

感謝に変えてみると必ず・・・・・不思議な出会いがあるから・・・・。




寄り添う

2011年 09月22日 00:08 (木)

あるドラマの番組の中で、「全ては理解出来なくても、寄り添う事はできる」と。

そうだな~って思った。

そう・・・・ここまでの道のりの中で、何人の人に寄り添えただろうか・・・・。

どんな事も、後先考えず必死で解決に向けてあげたくて走った日々。

どんな人も、何とかしてあげたくて、自分の事はずうっと横において歩いた日々。

内容は初めての経験ばかりで、戸惑いながらも、必死だった。

その苦しみが・・・その悲しみが・・少しだけでも少なくなれば・・・立ち上がれれば、

いいかな?だけだった、日々・・・・・。

自分の方が悲しさが大きい時も・・・苦しさのど真ん中の時も、

それは、見せないで、相手の幸せだけを祈って・・・一生懸命だった・・・。

それは寄り添ってあげていた事だったのだと、今頃気が付いた。

嬉しそうな顔を、ほっとした顔を、涙が消えた顔を見るのが、感じるのが幸せだった。

そう・・・・・寄り添ってあげれた事は、幸せを頂いていたんだと・・・・。

遠くに行ってしまったご縁もあるけど・・・それでいいし・・・その時の幸せだから・・・。

楽になったら、後ろ向きで行ってしまったご縁もあるけど・・・それも学びを残して下さった。

死にたいを、生きようと一生懸命引っ張って、「生きてみる」と言ってくれたあの嬉しかった事。

寄り添う・・・・とてもいい言葉です。

とても心が軽くなる言葉です。

そして・・・・・・・。

神様はいつも寄り添って下さっていた。

命と共に・・・命の中で・・・・。

どんな時も・・・・どんな時も・・・・。






こんな変身いかが?

2011年 09月21日 00:08 (水)

昔、母が使っていたミシンが懐かしくて、実家の倉庫を探したけど姿無し(捨てられちゃった)

縫製の町のある方に頼んで、ミシンの足が欲しくって、あちこち探していただいて、

やっと、見つかった時のあの嬉しさ・・・・・・(今でも大感謝!)

はい!そこからです・・・ミシンのレトロ風の足を活かしてテーブルに変身。

DSCF0557_convert_20110918195023.jpg


いかがでしょうか?一台は・・・・花台に・・・・・。
ran_convert_20110918195258.jpg


そして、ミシンの引き出しだったところは、二つをつけてこのようにちょっと物入れに。
なかなか可愛いでしょう?捨てる所が無いように・・・・。

DSCF0569_convert_20110918195146.jpg


懐かしさがそこにいるようで・・・・何となく・・・・。

イメージが湧くと、作りたくなってしまう・・・失敗作もありますが・・・。