FC2ブログ

愛と感謝で

明るく、優しく、愛と感謝で生きて行けば、必ず道は広がって行く。様々な体験を通して、感じた事を綴って行きます。

02月 « 2019年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

レッスン

2019年 03月21日 00:00 (木)

(切り株のそばに咲いていた野すみれの花)

ハイジ



修行と言うと、何か重たいならレッスンがいいかな?

人生は問題の障害物競走の様ですね。一難去ってまた一難という様に。

でもそれらの全ては、自分自身のレッスンにすぎない、

学びだらけ・・・レッスンの連続・・・成長の足跡。

解決の道は、何事にも言えますが、真剣、一生懸命ですよね。

チコちゃんの言葉じゃ無いけど、「ボーっと生きてんじゃ無いよ」だね。

「はいその通り!真正面からレッスンを受けます」だね。

与えられたレッスンの味、感謝で超えて見せようか?

クリアーする程に、安心と心の強さが足されていく。



スポンサーサイト

春は近くまで・・

2019年 03月02日 19:00 (土)


桜

ご無沙汰してます。皆さまお変わり無いですか?

寒さが長くて、春はいつ来るのかな?の日々でしたが、出掛ける用事があって、

山里に向かった時、橋の袂に綺麗な桜が・・春が来た〜とひとりごと。

もう三月ですね・・・あっという間に三月の暦に・・・早いな〜月日の流れ。

あれこれのニュースで、騒がしいですね・・・。

どこかの都知事さんが、子育ての中での親の暴言(どこまでが?)禁止とか?
必死で子育てをした体験から出ている禁止令でしょうか?

子供への虐待ニュースは、様々な面に大きな教えを提供されて居ます。

必死で、真剣に、愛情を注いで、心の中で泣きながら、悩みながら、子育てをして居る

お母さん達がいっぱいいます。必死だから、真剣だから、何とか良い子に育ってと、

理解して欲しくてほっぺにピシャリも、ピシャリをしたママの心の方が痛く
泣きたくもなって・・・そんなママ達がいっぱいいます。

ニュースでの酷すぎる虐待した親に、最高の処分を与えるべきは言うまでもない。
「躾と言うなら貴方こそ、子供に与えたと同じ躾をしてあげましょうか?」です。

優しく言っても効かない時は、大きな声も出る。ママが鬼に見える時だって。

ある子が言った「おかあちゃんが怒ると鬼みたいな顔になるよ』
「どんな顔?」「こんな』(ついつい笑っってしまいそうに)
「そうなの?じゃあ、おかあちゃんを怒ってあげようか?」
「駄目!違うよ!僕が惡いことをした時だから、おかあちゃんを怒らないで』

躾と称する虐待はない。  愛情があるのか?無いのか?
心が痛むのか?   自分の感情が先なのか?
子育ては、本当に大きな大きなお仕事です。

可愛いペットと同じとは言いませんが、可愛いだけでは育てられ無い。

育てる中で育てられ・・・親の感情テスト、穏やかからのスタートですね。

(ふと、考えさせられた事でした)




新年のご挨拶

2019年 01月01日 00:00 (火)

元旦



新年明けまして、おめでとうございます。

皆様にとって、素晴らしい一年になります事を、心よりお祈り申し上げます。





戌亥



「イヌちゃん、昨年は、お役目ご苦労様でした」

「イノちゃん、今年一年お役目よろしくお願いします」






あっという間

2018年 12月26日 00:10 (水)


ご無沙汰し過ぎですね。
忙し過ぎたり、悲しみが続いたり、無理しすぎたり、喜びも頂いたり。
いつの間にか、この部屋は閉めたままにしてしまっていて、
留守中にも関わらず、ご訪問頂いていた方々に、感謝でいっぱいです。


虹

時間の上に置かれたような日々の中、あれこれ考える時間も無く、
今に心をこめて事をなして行く中で、
ほっと雨上がりの一息の刻、外を見たら綺麗な虹の架け橋が・・・
こんな大きな虹の架け橋は初めてかな?と、思いながら。

お花

「もう枯れてしまっているから、次は掘り起し新しい植木を植えるしかないですね〜」と
伝えられたけど、枯木に見える植木に、ガンバってねと云いながら、
お水と肥料をあげて、土にポンポンとエールを送って、
それから再会まで一ヶ月あまり、
到着一番カーテンを開けたら真夏の花が12月に咲いていて、ビックリ〜。
暖かな沖縄とは言え、何しろ感動・・・思わず「ありがとう」って。。


クリスマスも終わって、もう今年も後一週間もないですね。
振り返っても、あっという間だったような・・・
その中で、やはり学ばせて頂いたことは山程。
次々に問題があったけれど、その度に「神様この味わいに感謝します」と、
感謝を伝えながら、
目の前はどんな事も心を込めて、どんな時も一生懸命だったよなぁと・・・。


起こりくる出来事は、何であれ止める事は出来ない。
まして逃げたり隠れたところで、生かされている意味がない。
前をみて、向かうしかないから・・・素直に向えば、
真剣に向かえば、後悔が無いから・・・。


今、少々身体はキツイかな状態ですが、少し休めよサインだと頂いて、
暮れのお墓参り、お墓のお掃除は娘達に任せ、このお部屋にも挨拶です。
皆様、どうぞよいお年をお迎え下さいね。
皆様の平安と、幸せを祈りながら・・・・。

久し振りだったから、長過ぎちゃったかな?




たかが確認

2018年 09月01日 01:00 (土)

ペチュニア


確認は、安心の為であり、責任でもある。


確認は管理意識と直結でもある。


ちょっとした確認不足で、大事になったり、困った事に遭遇したり、
不信用にも繋がってしまう。


危機管理意識の根底も、小さな確認から・・・。


自分自身のコントロールにも繋がって行く。


確認の怠りに、言い訳は通用しない。


常日頃の自覚は、安心を招く。たかが確認、されど確認。